バイク売却

バイク一括査定 メリット デメリット

 

主にバイクを利用している方が売却へ乗り出す理由は複数あると思いますが、多いのがバイクの故障率が上がってきたとか、古くなってきたから新しいものに買い替えたいというのが多いみたいです。

知り合いにバイク好きで結構載っている方がいますが、その方は新しいバイクへ乗り換えたいから売却すると言っていました。で、以前にラジオだったか、情報源は忘れてしまいましたが、バイク売却ならば一括査定とかそういうのをやっていた記憶があります。

確かに売却前に一括査定をするのはより高い査定額を把握するのに有効だと思いますが、利用した方に聞くと、これにはデメリットもあります。たとえば複数業者からの多くの電話対応が必要だったり、駆け引きなどが大変だったと聞きました。ただ買取実績が良いところならば一括査定ではなく、単独査定によるバイク売却もありだと思います。

バイク王

 

詳しくはこちら

バイク買取シェアNo.1といわれ、テレビCMでもよく見かけます。高価買取ができるのも大量の台数のバイクを取り扱うことで、在庫保有コスト、流通コストなどを削減しているため、その分高額売却ができる。

買い取られたバイクは自社販売もしくはバイクオークションの販路を利用し、このオークション相場を確認し、その最高値を基準に査定値を判断するので、安定した高価買取額で売却できると公式でも掲載されている。

買取実績は120万台以上。この意味するところはそれだけ買取してもらったユーザーが多いので、満足のいく買取額で売却できたとみることができます。

詳しくはこちら

バイク王の公式サイトにて売却事例が出ていたのでそのひとつ、HONDAの事例を見てみます。

ワルキューレルーン:1,800,000円
CBR1000RR:720,000円
CB400SFV:570,000円
HORNET250:370,000円

面倒な売却後の手続きについては、成約後の名義変更は無料代行してくれて、書類手続きについては、名義変更後の車検証コピー送付、買取証明書も発行してくれるそうです。その他時間がない場合も出張買取申し込みを24時間365日受けつけてくれるみたいです。

実績がしっかりしているところであれば、一括査定にこだわらず、単独査定を依頼するのも有効ではないかと思います。

まとめ

1.一括査定による売却は業者からの電話対応が面倒
2.より高い買取実績があるところならば単独査定依頼もひとつの手
3.バイク王は、知名度No1にして、買取シェアNo1といわれる


ページトップへ