乾燥肌

乾燥肌

乾燥肌の原因や対策など乾燥肌改善に有用な情報を提供します。

UKOT通販 > 乾燥肌

乾燥肌 原因

その名の通り、肌から水分が失われている、言い換えれば、水分不足であることが原因です。問題は、思い込みです。どういうことかというと、例えば冬場には発生しやすいイメージが強いので、保湿ケアが必要になるのはイメージしやすいと思います。

でも夏は、あれだけ、汗をかくので、乾燥と中々イメージできないと思います。が、汗をかくということは、外部に水分が出て行っているので、自然乾燥していくわけです。

なので、時期としては・・・

□冬場
□夏場
□風呂上り

少なくとも上記3つは、体内の水分を外部へ放出するので、水分不足状態です。このまま何もせず放っておくと肌から水分がなくなるのも納得の論理です。

そのように考えると目元が気になる、言い換えると、目元の小じわが気になり始める原因も同じことが言えます。なので、適宜、水分、特にヒアルロン酸やコラーゲンを多く取り込むのが、をみずみずしさを取り戻すポイントですね。

乾燥肌対策

失われがちである水分を補うべく、ヒアルロン酸やコラーゲンを皮膚に取り込むこともひとつの対策です。ただ、こういう対処療法のような手も必要ですが、それだけでなく、習慣という意味でも対策を採っておいたほうが万全です。

【具体的な対策】

1:暖房は必要最小限、湿度の確保を意識する
2:熱めの湯による長時間入浴は避ける
3:タオルなどによるこすりすぎを避ける
4:入浴後に保湿
5:下着、寝巻きは綿製品を使用する

暖房は乾燥するので避けるべきであり、長時間入浴は発汗による水分減失の恐れがあるため、避けた方がいいですね。

タオルのこすりすぎが原因になるというのは分かりづらいかもしれませんが、皮脂は蒸発抑止力があるので、これが減ると水分蒸発=水分減失につながりかねないので、皮脂を守るべくこすりすぎを避けるわけです。

こういったことは、どちらかというと習慣的なものがありますが、上記対処療法に加えて、習慣として乾燥対策をするだけでもかなり効果がありますね。

乾燥肌 食べ物

肌のケアが有効ですが、普段口にする食べ物を意識して生活するだけでも改善に向かいます。
食べるということからバランスの良い食事を摂ることは勿論必要ですが、それ以外に有効な食べ物があります。

つまり、保湿+新陳代謝を活性化することが改善につながるわけですから、発汗作用のある食べ物、辛い物をとることが有効なわけです。たとえばカレーや唐辛子を使った料理などですね。とはいっても、極端に辛いものを多く摂取するのも問題です。
辛いものは胃を荒らすので、胃の炎症、最悪肌にも影響を及ぼす恐れがあります。

なので、極端に増やすというよりは、1日のうち、1食は辛い食べ物を取り入れる程度で抑えることから始めた方が賢明です。

ビタミンを適宜取るのも必要ですが、食事からでは不足する場合もあるので、サプリメントを活用するのも有効です。
で、多くあるビタミンの中でもビタミンBは特に重要なので、これだけははずせません。

これは豚肉や豆腐、乳製品、たまごなどから摂れますし、さきほどのサプリメントからも摂れます。
まとめると、バランスの良い食事を基本として、適宜辛い食べ物を取り入れること、そして、ビタミンBを優先的に摂取することが、改善においては大事ですね。

●誰でも簡単にできる乾燥肌改善法

乾燥肌 トップへ戻る

Copyright 2015 © UKOT通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • 乾燥肌
  • SEOブログパーツ
track feed 乾燥肌