痛風

痛風

痛風の原因や初期症状から改善のための食事療法など、痛風に関する有用な情報を提供します。

UKOT通販 > 痛風

痛風 原因

通風の主たる原因は尿酸です。
といっても、尿酸自体は誰しもあり、それが血液中に循環しますが最終的に尿として体外へ出て行くので問題はありません。

が、血液中の尿酸の濃度が上がり、飽和濃度を超えると全てが体外へ出ていかず、体内へ残ってしまいます。本来は体外へ出て行くものなので、それが体内にあると白血球が反応し、防御反応でそれを攻撃した時に、痛風発作が出てきます。
尿酸が体内に残るのは、血糖値が低いほど、通風発症確率が上がります。では、血糖値が高ければいいかというとそうではなく、高すぎれば別の症状が出るので、バランスが大事です。

血液尿酸値が6㎎/d~7mg/dの範囲であれば正常値と考えられており、それ以上は通風などの治療対象とされています。なので、血糖値を高すぎず、低すぎずの状態、80~159までの値を保つ必要があります。特にお茶などは血糖値を挙げない成分が含まれていることと、尿意を促進させるので、通風抑制に加え、両面の効果を持ちますね。

痛風 初期症状

□膝、足の指に痛みを感じる
□膝関節に炎症が起きている
□足の指などに変形がある
□立ち上がる動作をすると痛みが走る
□痛みが長時間感じられるが、その後、痛みが治まる

上記の感覚を感じられた場合、痛風の可能性大なので、大事になる前に医者にかかったほうがいいです。
上記症状がなくとも、血液尿酸値が7mg/dを超えているかどうかも痛風かどうか確認する手なので、痛風の症状がなく、血液尿酸値が7mg/dを越えていないことが確認できるまでは通風ではないと安心するのは早いといえます。

運良く痛風の初期症状もなく、血液尿酸値も正常値であれば、絶対安心するのではなく、尿酸値を挙げないように、水分補給をしっかりとり、尿酸が体内に残らないように習慣づけるのが通風を防ぐ秘訣ですね。

痛風 食事

通風の原因として尿酸値がありますが、これが高すぎると通風症状が出てくるので、改善に向かうには、これを抑える必要があります。

通風かどうかを見極めるポイントですが・・・

□アルコールの過度摂取禁止
□果物過剰摂取の禁止
□食事は腹八分目に抑える
□適宜水分補給
□ミネラル・ビタミンを取る

アルコールを過度に取ることは、痛風に限らず、健康の全局面において共通して言えることです。
果物は一見良さそうに見えますが、尿酸を活発化する効果があるそうなので、これも過度に取らない方が良いわけです。
で、どのようなものを取るといいか?ですが、海藻・野菜類、芋類、果物類です。上記で果物を過剰摂取は禁止と書きましたが、「過剰」はNGなのであって、適度に必要というわけですね。

アルコールが好きな方はアルコールを過度に取ってしまいがちですが、ここは抑え目にすることが後々、通風改善に活きてきます。通風改善に限らず、その場限りではなく、継続つまりは習慣にすることで効果が最大化されるので、まずはやってみる、これに限りますね。

 

高血圧・糖尿・痛風に【神の草 ヒュウガトウキのめぐみ】

痛風 トップへ戻る

Copyright 2015 © UKOT通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • 痛風
  • SEOブログパーツ
track feed 痛風